ぼくのなつやすみ

自分の余暇についてだらだらと書き連ねます。

普通自動二輪(小型限定)技能試験1回目

二種学科は午前中で終わったので午後は小型二輪の技能試験です。

 

受付時にヘルメット・グローブ・靴が適切なものか確認がありました。服装のチェックが厳しく驚きました。私の次に受付した人は若手女性試験官にグローブに穴が開いていると指摘され突っぱねられそうになっていましたが、前回は大丈夫だったのにとねばり、年長の試験官が次は新しいのをもって来てねと許してもらっていました。次はということは今回は受からせないつもりなのでしょうか。

 

試験前に普通二輪4回目の外国人と雑談。前回は完走したようで、参考になるのではと期待。またかつて一発で大型二輪を取った方が見に来ていて少し雑談しました。試験を見に来るのが好きでたまに免許センターに足を運ぶようです。

 

今回の試験は2コースでサイズの大きなバイクから試験、最後に外免切り替えでした。

トップバッターのグローブ穴を指摘された大型二輪受験者は、バイクを操る力はあったのですが、安全確認が雑でした。ネットにかかれたやり方を意味を考えずにただやっているような感じで、最後の坂道コースに入る前に中止でした。

 

続いて雑談した外国人は普通に課題をこなしているように見えましたが、やはり坂道に行く前に中止。ニーグリップができていないなど基本的なことを指摘されたようでした。

 

その後の普通二輪も中止。中止となった後に一時停止を無視して発着点に戻っていました。次回も受けるのであれば、実車で練習できる少ない時間を無駄にしなければいいのにと私は思いました。

 

いよいよ私の番です。前の受験者が試験官から合否を聞かされている間に慣らし走行ができます。試験車の左ハンドルにはホーンが上、ウインカーが下と通常と逆の配置になっていて戸惑いました。(後で調べたところこれがグローバル標準のようで、スクーターがほとんどの小型二輪では、マニュアルはグローバル仕様だったのでしょう)。いちいち手元を確認しないとウインカーもうまく出せません。他に確認したいことがあったはずなのにあっという間に慣らし走行は終わってしまい、試験開始です。

 

指定速度区間に入った際にメーターのどこが速度計なのか探しているうちに直線を半分近く過ぎていて、あわて40km/hまで加速して、すぐにカーブ手前でポンピングブレーキをしました。S字やクランクは難なく通過(大型と同じコースなので小型なら楽勝です)。一本橋も通過。小型は5秒以上かけて通過すればいいので無理に半クラッチやブレーキを使わなくても1速アイドリングで大丈夫でした。だいぶバイクにも慣れてきたので、短い直線でも1速から2速、すぐに交差点前で1速とこまめに変速してメリハリをアピールしました。

 

これまでの受験者でたどり着かなかった坂道発進急制動も問題なく通過。ここまでくれば自動的に完走となるわけですが気を抜かずに踏切を大げさに安全確認して通過、そして発着点に戻ってきました。

 

不合格だった際に少しでも多くアドバイスをもらえるように急いで望楼へ駆け上がるとと試験官は一言「いいですよ」と言ってきました。

 

私の後の外免切替は2人のうち1人が合格していました。 

全員の試験が終わってから、交付手数料の収入証紙を買って、トータルで1時間くらい待たされて、ようやく新しい免許が手に入りました。

無事に1回目の試験でバイクの免許も復活しました。

普通二種学科試験

普通二種学科試験を受けてきました。

 

仮免や一種と同じ部屋で、いつもの学科試験の試験官が担当でした。

二種の試験と言っても9割くらいは一種と同様の知識が問われますので、さほど難しい試験ではありません。

 

合格発表は口頭でありましたが、仮免・・・番、本免・・・番と発表されてその後に二種だろうと思って聞き流してしまいました。すると本免のときに自分の番号が呼ばれたようで、合格だから後ろへ言ってくださいと直接指示されました。学科試験はおそらくこれで最後だったのに番号を呼ばれた喜びをかみ締め損ねました。

二種は私含めて2人受けていたのに、合格は私だけ。プロドライバーの免許なんだからちゃんと勉強してきてほしいものです。

 

視力検査は一種が片目0.3両目0.7に対して、二種は片目0.5両目0.8さらに新視力検査(三桿法による奥行き検査)があり厳しいです。

深視力検査に通るか自信がありませんでしたが、最近はじめたマジカルアイによる視力回復トレーニングのおかげでぎりぎりパスしました。ダメだったときのために眼鏡はいつも持ち歩いてはいますが。

 

例によって技能試験予約をして解散です。路上コースの閲覧ができるので、ついでに見せてもらいました。一種と走るエリアは同じで土地勘はあるのですが、コース数が多く、普通二種は4回の停車と1回の転回があるので、歩道の有無・路側帯の幅など下調べが大変だと感じました。

 

コース閲覧時には試験官が立ち会うのですが、その際に私が申請による免許取消をしていることに気づき、免許制度が変更されたらまた取消すのかとたずねてきました。もっともな指摘ですが、さすがに普通自動車まではもう取消したくないですので、そのときの状況によると返しました。

 

四輪自動車は10数年前まで普通と大型の区分だけでしたが、事故防止のため中間サイズの中型が新設されました。ところが2年の運転経験が必要な中型が作られたせいで高卒ドライバーが確保できないという問題が生じ、運転経験不要の準中型が最近になって新設されました。約10年の間に四輪免許は普通・準中型・中型・大型と4区分になってしまいました。ここまで免許の取得に時間と費用がかかるようになったのは、人口減少で潰れそうな教習所を助けるためだと勘ぐってしまいます。教習所は天下り先なので。

小型二輪練習と特定教習

普通自動二輪(小型二輪限定)技能試験準備のため、小型二輪の教習を1時間だけ受けてきました。

以前普通に運転していましたが、試験の課題は教習所以来なのでできるかどうか不安でした。クランクやS字、一本橋は問題なく通過。急制動は久しぶりだったので、加速や制動のタイミングがぎこちなく停止時に右足をついてしまったり、線を越えたりしてしまいましたが、4回目できれいに停止することができました。

自分としては試験をパスする実力があることを確認できて満足しましたが、教官からはボロクソ言われました。みんな課題の練習ばっかりやりたがるけど、それ以外の右左折や安全確認の方が採点される時間が長い。ブランクがあるんだろうけど左折のときに膨らんでたり徐行でふらついたり、あと速度が遅すぎてメリハリがない等々。試験は翌日だと言ったら、「これで大丈夫かあ」と言われる始末。

 

続いて同日に特定教習を受講。技能試験合格後の取得時講習は予約がなかなか取れないという噂なので、普通自動車のときと同様に技能試験合格後の即日交付を狙います。既に普通免許を持っているので危険予測の3時間のみ。1時間は実車。2時間は教官の運転するバイクの後ろを走る乗用車に乗って危険予測(シミュレーターを使うことが多いようですが、教習所の財力の問題でしょうか)。3時間目はディスカッションと2人乗りのDVD鑑賞。

 

実車の教習ではいい加減な教習所だと卒験コースをただ走らせるだけのとこもあるようで、むしろそれを期待していたのですが、きっちりと法に定められた内容でした。模擬追突や追い越し体験、右直事故の体験など。

 

試験の不安は残りましたが、無事に終了証明書をもらいました。

普通路上試験後免許交付

ATの私の次の受験者も帰還して来ました。合格したようで少し雑談しました。彼は路上は13回目にしてようやく合格したようで仮免許の有効期限も迫っていました。特定教習を事前に受けていなかったようで、取得時講習の説明のためひとり先に呼ばれていってしまいました。

 

この後は私の他に普通MT、大型特殊の計3名で一緒に交付手続きに行きました。収入証紙で交付手数料を納めた後は1時間以上延々と待たされて、ようやく記載事項の確認と写真撮影が終わりました。このときにどこからともなく試験待合室にはいなかった2人合流してきました。おそらく取得時講習を受けて当日は交付のためだけにセンターに来たのだと思います。

 

ようやく現有免許および仮免と引き換えに免許証が手渡されました。無事に普通自動車の免許が復活して非常に安堵しました。免許を返納してから2ヶ月での復活です。私を含めた普通取得者計4名に初心運転者期間と若葉マークについての説明を受けて本日は終了です。

 

ここで係の人に自分は若葉マークの免除の対象になると思うから確認してほしいと申し出ました。6ヶ月以内に1年以上継続して普通免許を持っていた人が再度免許を取得すると初心者期間と若葉マークが免除になるというルールがあるからです。本来はうっかり失効して6ヶ月以内に適正試験のみ(学科・技能試験免除)で免許を再取得した方が再度初心者として扱われないようにすることを想定したルールです。10分以上待たされて係の方が戻ってくるとやはり自分も免除の対象に入るようでした。裏面の備考欄に「初心者標識免除」のハンコを押してもらい、ようやく開放されました。

普通路上試験1回目

いよいよ路上試験の日がやってきました。

これをパスすれば遂に乗用車の免許が復活します。

 

今回は午前の試験です。貸車手数料の収入証紙を買って受付に必要書類を出します。

普通路上の受験者はAT,MT各2名でした。受付順で自分が1番目でした。

 

試験官の案内で免許センターから路上に出ていきました。場内と違って運の要素があるため非常に緊張します。大通りではスムーズに駐車車両を回避しつつ順調に走行していきました。

 

その後住宅地に入って30km/h規制の狭い道路で路上駐車の列。側方間隔を取って右側を進んで行ったのですが、駐車トラックの前方から勢いよく運転手が飛び出してきました。自車の前方を横切ったのではなく運転席に乗り込むためのようですが、誰もが急ブレーキをかけるような状況でした。当然私はブレーキを踏んだのですが、ブレーキを踏むよりも早く制動が始まったような違和感を覚えました。つまり補助ブレーキを使われたということです。どうせ受からないからこの後はただの練習だなと思い力が抜けていきました。

 

ところが、ショートカットでセンターへは戻らずに路上での停車指示が。まだ生きていました。事前に駐停車禁止場所を確認していたのでばっちりです。

 

その後の信号のない横断歩道では、ちょうど横断歩道付近に幼稚園バス送迎のママさん達が井戸端会議中でした。念のため一時停止して窓を開けてママさんたちに「横断歩道渡りますか」と声をかけました。「いいえ」と返事されたので再度左右確認の上通過しました。

 

続いて信号を左折するときには、歩行者信号が点滅し始めてちょうど黄色になりそうなタイミング。わざとかなり手前からスピードを落として左折準備のための徐行をして黄色になったところできちっととまりました。

 

あとは大通りをセンターに向かって帰るだけ。前方の原付を追い越そうか迷いましたが、二段階右折のために右合図をしながら交差点の左側に避けていきました。きちんとルールどおりに二段階右折している原付は初めて見ました。幸いにも後方からバスが来ることもなくセンターへ帰還。

 

場内課題やりますと試験管に告げられ、行って見たら最も得意な左方向転換でした。難なくこなして発着点へ帰ると、合格とも言われずに免許証を返却され待合室で待機するように言われました。

普通路上試験練習と下見

仮免試験前と同様に2時間届出教習所で練習をしました。

実際の試験コースを案内してもらいながら走れるのでかなり有意義な内容でした。

 

試験の流れの説明を受けた後には、まず路地裏で場内課題の縦列駐車と方向転換を練習しました。ハンドルの切り方と安全確認の方法だけでなく、窓を開けたりミラーを下向きにしたりできるといったアドバイスをもらいました。ただし実際の試験コースではないのでイメージトレーニングのような部分もあり、本番にきっちりできるか不安が残りました。

 

続いて試験コースを3本走りました。法規走行については仮免試験で鍛えられたので、細かい指摘が中心でした。右折待ちのときにハンドルを切らない、バス優先レーンでは後ろを気にしてバスを妨害しないといった感じです。片側2,3車線の立派な道路なのに50km/h規制の道路が多いため、右の車線を使ってびゅんびゅん追い抜かれていきます。そのため駐車車両回避や・バス優先レーンから出たり右折したりするために右に車線を移すのが怖かったです。

 

また後日レンタサイクルでコースを回ってイメトレも行いました。

レンタサイクルというよりは近年流行っているシェアサイクルと言ったほうが正しいかもしれません。千葉にはハローサイクリングと呼ばれるサービスがあります。事前の登録が必要ですが、15分60円・1日最大1000円と使いやすい価格設定です。

 

コースを回りながら、交差点やバス停の位置を確認しました。これは路上で停車指示があったときに駐停車禁止場所を避けるためです。また一発で試験中止になってしまう定番の信号のない横断歩道の位置を確認しました。

本免許学科試験

免許センターに行き普通一種路上試験前の学科試験を受けてきました。種別によらず一種免許の試験問題は同じです。

 

申請書類に記入して、収入証紙を買って、原付免許・仮免許とともに受付へ提出。

 

仮免許のときは50問30分なのに対して、本免許は95問(内5問はイラスト問題)50分。

仮免許のときより少し細かい知識(荷物の積み方や駐停車など)が加わることと、イラストを見て危険予測する問題がありますが、仮免から少し勉強を足せばさほど難しくはないです。

かつて教習所で免許をとったときはイラスト問題が苦手でしたが、かもしれない運転orだろう運転と法令違反の観点から正誤判定すれば大半の問題が解けることに気づきました。

 

今回は8割くらいの方が合格していました。

仮免許の学科の時は合格者が少なすぎで衝撃的でしたが、今回は妥当な人数が合格していたように思います。

 

仮免の時と同じように視力検査をして技能試験の予約をしたら終了です。

技能試験は路上がメインとなりますが、場内で方向転換ないし縦列駐車の試験がありますので、コースを下見して帰宅しました。